スパイダーマンの答え

あ〜あまた2009年終わってしまいそう。あと残すところ6時間です。
前項の答えは、
「人力車で客が2人乗っていた。その重さを利用して、宙に浮き、ガラスの上を歩いたのだ。」
てこの原理ですな。すばらしい。
さすがスパイダーマン。
ちなみにこの話を近所のレストランで働く友人にしたら、「あー、スパイダーマンやろ?あの人しょっちゅううろうろしてるよ。」だって。。
なんだ、ハロウィーンのコスプレじゃなかったんだ。

より奥が深いスパイダーマンでした。

ちなみにひとりの友人は、「ひろみちゃん、その人とつき合ったらいいのに。。」って、
なんでやねん??

ではもうすぐ年明けです。あけたらおめでとう!
# by hiromi_iuchi | 2010-01-01 08:15 | 気になるわぁ〜
ひさびさでっす。って、前項のブログ3月の話やん。。
もう今年も終わりに近づいてきましたね。ブログネタがたまりましたよ〜ん。

ハロイーンが終わって1週間くらいたったある夜。
イーストビレッジのラーメンやさんで、友人夫妻と窓側の席で遅い食事を堪能していた時のこと。
このお店はストリートに面して全面ガラス張りになっているのだが、そのガラス壁の向こうに現れたのは人力車を引いて歩道を歩くスパイダーマン。目が合って思わずにこりとした瞬間、ガラス壁の上を4歩くらい歩いていった。。。。。

さあ、みなさん。なぜそんなことが可能なのでしょか?

ハロイーンの名残がずーっと残るなんでもありNYでした。コスプレも1回だけじゃもったいないもんね。
# by hiromi_iuchi | 2009-12-12 03:19 | 気になるわぁ〜

フロリダ出張 Vol.2

ひさびさです。

フロリダ出張日記の続き。
さて、オープンしたばっかりのどでかいアジアンマーケット。嫁にひととおり酒とは?の説明。。これを酒啓蒙・草の根運動と呼ぶ。S美さんがめんどくさそうに食材の質問に答えている間、やたら時間がかかったので店内をぶらぶら・・・げっ!なにこれ?

アジアって奥深い・・というか謎。
わたくし、フロリダの郊外の名前も忘れた片田舎にて、「ツバメの巣白キクラゲ入りドリンク」に出会いました。しかもこの名前が日本語で書いてある。ということは日本でも売られているのか?
嫁によると、中国?ベトナム?なんせ彼女の地方では、この軒先にできるツバメの巣がとても高く売れるらしい。。10万円くらいだとか。それを飲むと滋養強壮、不老不死まちがいなしだそうだ。フィリピンでも孵化寸前の鶏の卵を蒸したものがとても人気であるが、それに通じる奥深さがあると思った。ま、猿の脳みそも食べるくらいやからな〜・・・・
f0013404_5591722.jpg
買ってのんでみようかとも思ったが、やめた。

またまたずーっとドライブして着いたのは、これまたうってかわっておしゃれな寿司レストラン。天井が高く、全体が青で統一されているBlueという店だ(そのままやん・・)そして、ここにはもちろんブルーのボトルの酒をすすめる。(そのままやん・)寿司シェフは全員、非日本人のアジア人だ。
米国の田舎あたりでよくあるが、アジア人の寿司シェフたち。寿司カウンターでは全員が客に「いらっしゃ〜い!!!」と元気に言う。そして日本語はそれだけ。
なんだかな〜?この公式。寿司レストラン=いらっしゃい
そういえば、日本のフレンチレストランでも入ったらいきなり「ボンジュール」と言われたことがあった。これと同じなのであろう。でもとてもさぶい。

寿司シェフと仲がいいS美さんのお陰でランチを店にご馳走になる。巻物だと思ってなめてたらお腹ぱんぱんだぜ。
f0013404_61712.jpg
これが3本。
フロリダのこのエリアはレッドソックスのキャンプ場の近くらしく、松岡っちとかも寿司を食べにやってくるらしい。あまり興味なしだが。。(いちろーファン)



そしてそれから本日メインイベント+宿泊地Tampaを目指す。
新規店がオープンとのこと。見つかりにくくて途中でおまわりに捕まる。
得意のS美スマイルで切り抜ける。あたしも一応スマイルしたが。。あ〜よかった。
そしてワイン屋にて日本酒試飲。6人くらいアメリカ人(オーナーたち+その友達など)がいっぱい来て次々と試飲。ほめられたりぼろくそいわれたりしながら、作り笑いも続かなくなってきたと思った頃にやっと終了。
でもこのワイン屋、さっきの一番偉そうな人がオーナーならしいのだが、ちょっと面白い。あたしはこれが紹介したかったのだ。
ワインが特設クーラーに並べられている。

f0013404_624164.jpg

この店のシステムは、プリペイドカードをレジで購入し、そのカードをそれぞれ気に入ったワインのところに差し込んで、サイズを選び、その量がグラスに注ぎ込まれ、カードから金額が引き落とされるのだ。画期的!これだとちょっとずついろいろなワインが楽しめる。しかもボトルを見ながら選べるのだ。
すごいすごいといいながら、このセレクションの中に2,3種類日本酒もまぜてくれんか?!と頼んでみた。そしたら相変わらず偉そうに、「考えておく」とぬかされた。

あー疲れた。S美さん早く終わろう!!!

といいつつ、あと2件まわらされたよ。
そしてその夜は、またまたCheesecake Factory。(またか?)
なぜかというとこのあたりの日本食はまずくて高いからだ。悪いけど枝豆だけよ。
# by hiromi_iuchi | 2009-08-11 05:48 | 営業日記

フロリダ営業出張Vol.1

5年ぶりのフロリダ州3泊4日営業出張。
10年前からフロリダに高級酒を広めるべく出張していたが、5年ほど前にぼし君に交代。それ以来ひっさびさの出張だす。
曇り空のNYを出て飛行機で3時間半。超あったかい常夏のこちら。靴をサンダルに履き替える。

夕方着の私を迎えに来てくれたS美さんとともに、とりあえずビーチ沿いで一杯。なぜかHootersで・・・(Hootersとは全米に店舗をもつバーなのだが、ウエイトレスのねーちゃんたちが長短パンに胸空きTシャツというユニフォームなのか男性に大人気の大衆バー)
その後はご飯食べようと、Cheesecake Factory に。(これも全米でチェーン展開する大衆イタリアンレストラン。冗談のようなボリュームで、店を出てくる人たちはみんな食べ残しお持ち帰りの紙バッグをかかえている・・)
我々も例にもれず紙バッグをもって出てきた。う〜ん味はいまいちだが安い。その辺の日本食よりいいだろう。不況の影響があると言われているフロリダレストラン業界だが、この店は満員で20分待たされた。

翌日はタイ人の営業ウーマンと同行。だめ旦那と別れたためか、5年前よりかなり魅力的になっていた彼女、いろいろな店に連れて行ってくれた。だめ押しとも思えるタイ系オーナーのアジアン食材店にも立ち寄る。この店かなり息をのむ感じ。レジのある一角など、どここれ?って感じで思わずシャッターをきる。アートみたい。上に貼ってあるのは全部お札。。。


f0013404_1143714.jpg





無愛想だが人の良さそうなオーナーカップルにベトナムの不思議カレンダーをいただき1ケース注文もらって退場。
次の本日の目玉店(タイ人オーナー日本食店)では不況のため注文もらえず、帰社。一日目終了。

次の日はS美さんと更に郊外、タンパに1泊にて出張。あらふぉー女二人、BGMはユーミン中心で車飛ばす。
1件目は新規オープンのアジアン食材店。ここもオーナーはベトナム?人若夫婦。店はあいたばかりのようで嫁が質問ぜめ。高い酒が売れるのかな〜と思いつつも発注いただいた。。。
ただ広い店内物色していると恐るべし物をみつけた。。

5年前にこの1泊出張に来たときに立ち寄った店「横浜」。オーナーは年齢不詳(75才くらいか)の戦争花嫁のおばさん。ビンゴゲームから帰ってきた彼女にお情けで1ケース注文もらったけな〜。懐かしい。是非いきたかったが時間切れで断念。そのオーナーは沖縄なまりばりばり。なのになぜか「横浜」

ちょっと長くてしんどくなってきたのでまた続きは今度。。
# by hiromi_iuchi | 2009-06-07 01:27 | 営業日記

いわくつきの猫彫刻。

金曜日の昼下がりの事務所。さっきからぼし君が捜し物ついでに掃除を始めていた。
「これ、もう捨てますよ?」
って、鉄製 猫の彫刻(手のひらサイズ)3つ。
「え〜っ!すてんの、それ?」とあたし。
「それ一個5000ドルするんでしょ?」

そう、この彫刻たちにはまか不思議ないきさつ話しがあったのだった。

かれこれ7,8年前であろうか。。仕事関係の日本からの出張者を案内することになったぼし君。同伴の愛人の友達と一緒にきていたどっかの社長にとても気に入られたぼし君であったのだが、その男からあずかった代物。
その男はセントラルパーク近くの高級ホテルに泊まっていたのだが、ひとりでふらふらとホテル隣接のアート・ギャラリーっぽい土産物屋っぽいあやしげな店を覗いていたとのこと。店員に中に呼び入れられ、一言二言話しをしているうちに、酒をすすめられ、調子にのってご馳走になった。そして、その直後からだんだん意識が朦朧としてきて、朦朧としている中で、次々と商品を薦められてこの猫の彫刻を4つほど買わされ、ちゃっかりカードで総額2万ドルほどきられてしまったのだ。。。

そんな嘘みたいな話しがある、とは聴いていたが、ほんとにあった。。。恐るべしNY。

ぼしくんは、その男から「持って帰りたくないから預かっておいてくれ」、と言われ、それ以来ずーっとうちの事務所においてあった猫さんたち。
「こんなんあったらなんか不吉やから捨てますよー。」とぼし君。
う〜んEbayで売ってみたい〜という欲をかなぐり捨ててゴミ箱行きにしぶしぶ同意する。。。

「じゃぁ捨てますよ!」
「うぅ〜ん、りょうかい〜!」
ぽいっっ!!!!捨てたった!!!

と、そこにmy友人からの電話。
たった今起こった話しを一通りしたところ、やっぱ E Bayに挑戦することになった。。

ゴミ箱からまた生き残った猫さんたち。
さて、行き場は見つかるのであろうか?

こんな信じられない話し、あなたの周りで起こったことある?
信じられない話しがよく起こるぼし君。
うちのぼし君に何かあるのかもしれない。捨ててみようかな?1回。。。。
# by hiromi_iuchi | 2009-05-23 03:30 | 気になるわぁ〜
5月2日真昼近く。
日本にいる友達と電話をしていると、「忌野清志郎、死んだ・・・」って教えられた。
ショックだ。
かなりショック。

小学4年の時、10才上の従兄のにーちゃんからRCのテープをもらった。
なんかよーわからんけど衝撃的な歌詞だったのを覚えていた。
”ぼくはタオル。便所のスリッパと仲良しこよしの・・・”
衝撃的!
このような体験から人の感性は作り上げられていくのかもしれない。10才にしてとても気に入ってしまったのだ。

そして
高校3年の時、同級生の男の子からテープをもらった。
RCサクセションのテープだった。
その中で一番気に入った曲の歌詞・1分くらいの超短い曲。
受験勉強しながら聴いていたのを覚えている。

”一番大事なものは自分なの〜よ〜。
 その次に大事なものが勉強でぇ〜。
 3番目に大事なものが恋人よぉ〜〜。”

深いっ!

それと名曲。
スローバラード

やっぱしかっこいい、この人。
永遠に。

ご冥福を祈る。
# by hiromi_iuchi | 2009-05-07 02:43 | ひとり言
最近、シンクロすることが増えてきている。
2月頭頃に、NYに新規店として精進料理の店をオープン予定のシェフとのミーティングの話しが入ってきた。日本酒と精進料理のマッチング!を考えていると、その何週間後に、すぐ下の投稿の通り全く違う線から「日本酒と精進料理のディナー」企画が舞い込んできた。なんだか不思議な縁だなと思っていたわけだ。

さぁ、そのNY初の精進料理レストラン「嘉日」さんが、日本酒の選定もおわり、3月末にソフトオープニング。早速ご賞味に行ったところ・・・

きゃあ〜〜〜〜美味しい〜〜〜〜!
美味しいのです。
精進料理というと椎茸の含め煮とか、ごま豆腐、高野豆腐などなどどちらかといえば、「質素」っちゅー印象があったのだが、とてもゴージャス。
懐石なのだ。(Kaiseki-という言葉はもう随分NYではアメリカ人にも浸透している・・)

開店前に酒のプレゼンに行った時に日本から届いたばかりだった食器類の数々もとても素敵だったので、器にも注目。

日本酒6銘柄。ワイン6銘柄。無駄のないセレクション。
ソフトオープニングのため、2種類のコースのみ。$45と$65。迷わず$65を選ぶ。
酒はソフトでニュートラルな山梨の酒「笹一 純米」をまずは選択。
一皿めでノックアウト。カリフラワーのソースに惚れる。
 
f0013404_1215498.jpg

f0013404_1223551.jpg

f0013404_1231977.jpg




この後に手打ちそばが出てきたのだが、これが絶品。美味しかった。
付け汁はもちろんかつおでなく昆布!シェフは長野県でそば懐石店にて料理長の経験あり。さすが。
そばよりうどん派の私もこのそばなら毎日食べたい。

全コースの写真を撮るつもりだったが、例にもれず興奮しすぎてほとんど写せていない・・・

料理を堪能したあと、シェフと立ち話して褒めちぎる。
「ありがとうございます。精進の世界の人からはこんなの精進じゃないって言われるんです。」
とシェフ。
いやぁ〜精進の世界はなんもわからんが、たぶんそうなんだろう。だって美味しすぎるから。

31歳の若きシェフの気合いがこもった自然の恵みから造り出される料理。
一品一品が私の背筋を伸ばしてくれた。

満足。
いまNYで一番お薦めの店。
# by hiromi_iuchi | 2009-04-28 01:47 | 営業日記
3月4日。
イーストビレッジのベジタリアンレストラン"Counter"にて、「精進料理と日本酒のペアリングディナー」という企画をやった。

日本から精進料理家が来られ、New Yorkerに精進料理を紹介したいということで持ち上がったこの企画。面白そうなので、日本酒とのペアリングを引き受けた。

メニューから:
*かぶの利休スープ Turnip Rikyu Soup
 ー 心 純米吟醸酒 (川島酒造・滋賀県)
*大豆とすき昆布サラダ、レモン味噌ドレッシング
 ー 笹一 純米酒 (笹一酒造・山梨県)
*蒸しかぼちゃと豆腐
 ー 八鹿 特別純米酒 (八鹿酒造・大分県)
*野菜ちらし寿司
 ー 日本酒マッチングなし
*豆乳ゼリー、イチゴソース
 ー 梅花音 純米梅酒 (あさ開き・岩手県)

精進料理という、魚肉のだしを一切使用せず、野菜などだけのだしで造り出す繊細な料理と、日本酒をあわせることは、いつものペアリングとはまた違う。より繊細なものになるだろうから。
ほとんどのディナーの場合がそうなってしまうのだが、料理のレシピから想像して日本酒の銘柄を決めざるを得ないことが多い。本来なら実際の料理と合わせて確実にやりたいものだが、なかなか諸事情がそれを許さない。
今回もぶっつけ本番だったのでどきどきだ。
今日は、今度NYで初めての精進料理の店を開けるというシェフも来られている。

バーテンダーが各日本酒を用意することになっていたのだが、いきなりしょっぱなから間違い!!
2コース目にあわせるはずの笹一 純米を各テーブルにサーブしてしまった。
ま、えっか・・・
って訳にはいかな〜い!
バーテンダーには悪いが、大急ぎで「今持って行った酒は間違いで〜す、飲まないでください」とアナウンスせざるを得ない。大急ぎで1番目にあわせる心・大吟醸をサーブする。
自分で味見してみたが、明らかに心 のほうがあっていた。あ〜よかった。
(違いが分かった人が何人いたかはわからないが・・・)

精進料理というものが何なのか?お寺でお坊さんたちが食べる料理、っていう短絡なイメージしか知らなかった私。でも最近今年に入ってから、近々オープンされる精進料理レストラン「過日」さんのシェフとの出会いに始まって、「精進料理」という単語を度々意識している中で、今回の企画の誘いがあり、う〜んなんかシンクロしてる。

「精進料理はこころで作るもの」、というシェフのスピーチ。
なるほど、なんだか体がデトックス、浄化されたような気がしていた。
精進料理とはどんなものかがわかったような気がして、もっと食べたいと思った。
体がデトックスを求めているのか、心が浄化を求めているのか・・・
(両方やろ)

いずれにしろ、おすすめでっせ。
# by hiromi_iuchi | 2009-04-11 05:46 | 営業日記

くしゃみおやじ

昨日、営業先のミッドタウンに向かう地下鉄の中で、斜め前にすわったスパニッシュ系のブルーカラーのおっちゃん。どでか〜いくしゃみを1発・・2発目・・。はっくしょ〜ん!3発。このへんから車両のみんなの視線を集め始め、8回目くらいでは脳みそはみ出てくるんではないかと心配になってくる。。そしてそしてまさかの連続11回。
思わず数えていたのはあたしだけではないはず・・・・

どんだけうわさされてんねん、おっちゃん・・
最後のほうは思わず応援してしまったではないか・・・
「もう一声!!・・(心の中で)」
# by hiromi_iuchi | 2009-04-11 04:43 | 気になるわぁ〜
忙しいのか忙しくないのか?
なんかとても便利な言葉になってしまっている「忙しい」
全てをそのせいにできる。わしのブログ更新もそのせいだと言えないこともないが、ただ怠慢なだけとも言える。もう2月をすっとばして3月になってしまっているではないか。

2月19日からロスに出張してきた。
暖かい気候なのはいいのだが、帰ってきてそうそう、「焼けた?」と聞かれる。もうこれ以上黒くなりたくないのに。べとべとになるくらいランコムの高い日焼け止め必殺50SPF塗りたくっているのに。あたしのメラニン色素はそんなものではごまかされないほど活発なのか。。嫌になる。
メラニン色素の吸収率を下げるクスリはないのか。。。即買うぞ。

とにかく今回のロスのメインは弊社ロス在駐、しもやんが去年の暮れから温め続けてきたイベント企画、「Four Seasons Hotel で酒ディナー」。後にも先にもFour Seasons に泊まったことのない我々はタダで泊まれるという高級ホテルの太っ腹さににんまりがとまらない。
この機会を逃したら死ぬまでにいつ泊まれるかわからない!と大げさにはりきって、ロスから1時間ほどバレー(谷)のほうにドライブして到着するリゾート地エリアに赴く。
ここのFour Seasons West Lake Valley はジムとかスパなどが充実しており、ダイエットとかヒーリング目当てで長期滞在する大金もちも多いそうだ。(われらには縁のないはなしだが)

ホテル内の日本食フュージョン店「Onix」で初の日本酒と料理のペアリングディナーである。オーストラリア人のレストランGMとイギリス人の料飲部長と日本人の料理長。なんともインターナショナルな感じで、まずはお店のスタッフに日本酒セミナーを行う。
サーバーからバスボーイさんたち15人くらいにセミナーをするが、一番求められるのは銘柄の名前の発音なのである。セミナーの最後にみんなで発音の練習だ。

そして6時から期待ふくらむ日本酒ディナー。なんだか大正琴の奏者まで登場して雰囲気を出すとのこと。集まった40名ほどのお客さんはほとんどが常連で、日本食は好きだが日本酒は全く知らない人たちが多かった。今回も例にもれず、各コースと銘柄をあわすのはぶっつけ本番である。メニューの材料やソースの素材から味を想像してそれにあうであろう銘柄をぶつける。どきどきなのである。
銘柄の変更はきかないのだが、コメント用のためにキッチンの裏に回り各コース料理のソースのバランスを確認する。なんとかいけそうだ。

各コースが出た後にシェフが出てきて料理の説明をする、そしてその後あたしがその銘柄酒について説明するという運び。酒と料理のポイントを結びつけ説得力を持たせるのである。洗脳ともいえる。
始まりはしーんとして聞いてくれるが、大体はコースが進むにつれ、お客の注意は遠くなっていくので、後は野となれ山となれ状態なのである。

まずまず皆様に喜ばれ、イギリス人部長にも喜ばれ、彼女とNYにバケーション旅行に発つというオージーのGMにも別れを告げ、いやぁ、めでたく終わった。
後は1泊のFour Seasons Hotelの夜を冥土のみやげよろしく満喫するだけさ。
高そうな調度品の揃う部屋で、めっちゃねごごちの良いベットと、めっちゃでっかい浴槽を目指しさっさと部屋に引き上げるあたし。下やンは重厚そうなバーを満喫するためにバー居残ったそうだ。

そして次の日の朝。
超気持ちのいいシーツとなんやこれ?というような気持ちのいい枕に別れを告げ、備え付けシャンプーもカバンに入れて部屋を出る。ロビーレストランで朝食なのだ。あたしはホテルの朝食が大好きなのだ。なんだか上品な朝食を上品な雰囲気で食べていて思ったこと、
「あー貧乏でよかったな〜、下やん。」しみじみ。
だって金持ちでこんなんが普通になってしまったら、この特別な満足感は味わえないよね〜、みてみ!となりの金持ちそうな子供連れ家族。あの人たちにはこのあたしの今の満足感はわからんよ。」って。「そーですね〜」と二日酔いのしもやん。
あ〜おいし、ここのオレンジ・ジュース。

是非、またここのFour Seasons Hotelで酒ディナー第二弾を企画してもらいたいものだ。
そしたらこのオレンジ・ジュースまた飲めるあるよ。
# by hiromi_iuchi | 2009-03-10 09:47 | 営業日記