人気ブログランキング |

NYで日本酒を営業する日々をつづる・・・・つもりがただの独り言日記に成り下がっているかも。


by hiromi_iuchi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2010年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

5月下旬、日本から来ていた蔵元さんをホテルでピックアップした後、マンハッタンの42丁目と2nd Avenuの角を曲がろうとしていたとき、ポリスカーに止められた。なになになに???なにしたの、あたし?

結局30分くらい待たされて、違反チケットをもらいました。罪状はimproper turn (適切でない曲がり方)とレジストレーションカード(登録書)を持ってなかった、、、の2枚。

そして2、3週間たったとき、
いやーそろそろ現実と向き合わないとな。。。とチケットに目をやると、は?カーボン用紙使用にて書いてある内容が全く見えない!んなアホな。とっとと払ってすっきりしたかったのにさ。

しょうがないので、16年間NYに住みながら一度も訪れたことのなかった Traffic Violation Bearau?
に行かざるを得なかったのだ。窓口で事情を説明すると、「このばばあ、一回くらい笑ったことあんの?」的な性悪い口調で、「州局に手紙書いて送り返せ。ここではなんにもできないわっ!!!」と「あんさん自分の家族以外全員きらいやろ?」くらい的な失礼な言い方で突き放された。
せっかくこんな今まで来たこともないようなところまで出てきたのに。。。あ〜おなかすいた。
とほほ。と、事務所に帰り、せっせと州交通局なるところに手紙とチケットを郵送する準備。。悪い予感。こんなのだれか読んで対応するのかな?

そしてすっかりそんな出来事も忘れ去っていた先週、2つの封筒が届いた。あ、くさいよ。
なんかくさい。封筒をあけてみると、
「違反したのに何にも言ってこないため、貴方の免許書は7/27で免停になりますよ。いやなら罪をみとめるか、認めないかを書いて、認めるなら罰金料金を支払ってきなさい。あ、それからもし期限がきて免停になったらそれをとくのに$70かかるからさ」
って書かれてた。

ひえ〜。手紙おくったんはどうなったの?案の定だ。だからアメリカっていややね〜ん!
そこからまた1週間。気持ちを奮い起こして、前にマンハッタンの交通違反局へ行く。
すると今度の黒人のおばさんは少し優しかった。「それで、あーた罪をみとめんの?」
「イェーす」そしたらそれを裁判官の前でいいなさい。っては?
もう金払うっつんてんだからいいやーーーん。裁判官って何?

裁判室にて待つこと30分。いやいや、いろんなやからがおられましたよ。ほとんどが移民さんかな?子連れの黒人のおっちゃんとか、インド人のにーちゃん、後ろでべらべらしゃべっているアフリカなまりの黒人おっちゃんふたりー(ちなみにこの二人は3回くらい、静かにしなさい、とおこられてもしゃべるのやめんかったわ。すごい、裁判室中だよ)

とにかくあたしの名前もろくに発音できない、ひょろっとした初老の白人裁判官に「ギルティー!」と言ってそれで終わり。
「ちょっとこの紙見えないんだけど、、」とかいろいろ言いたかったがいっさい聞く耳もたずよ。

一言で裁判官と言っても、仕事のレベルがいろいろあるんすね〜。と関心しながら、キャッシャーにお金を払いにいく。
キャッシャーはアジア人のおっちゃん。一時わたしもはまっていた数独のやりかけぺーじを机の上にどーんとおいていた。
このおっちゃん、数独得意そうでないな〜。と思いつつ。

終わった。 帰る。
by hiromi_iuchi | 2010-07-22 04:12 | 気になるわぁ〜

寝苦しい夜

昨夜も寝苦しい夜でしたな。
アメリカの市販されている家庭用クーラーはどれもこれもたいしたことない。
あまり冷えないのに音だけ大きい。いつも思うなんだが、アメリカという国はある意味不思議な国である。世界の資本主義の先頭を行く、世界資本主義協会というやくざ組の組長であるくせに、いろんなものが発達していないのだ。例えば、ケチャップ。
ケチャップ好きであふれるアメリカでは、すべてのレストランにてこの有名な銘柄のケチャップを扱っている。そして高級レストランをのぞいては、テーブルの上に必ずといっておいてあるのだが、これが使いにくいのなんのって、、、ふたを開けて逆さにしてもでてこない。底をばしばしたたいて振動にて出すか、、、。学習している人はナイフを瓶に突っ込んで空気を少し入れることによってどろんとだす。こうゆう不便さが解決されないままでもシェアも下がらないのだ。日本の企業であればすぐに便利性を追求して改善するところだろう。
なんだかある意味"ノスタルジック”な商品が多いのだ。

ということで、クーラー。
ほとんど効かないし、音がとてつもなくうるさい。
わざと改良しないのか?2〜3年でこうなって買い替えるようにしむけるという企業側の魂胆か?
美容院を経営する友人は、日本製のものを高いお金を出して購入したらしい。
あ〜あ、お父さんに日本から担いできてもらいたいわ。。。
by hiromi_iuchi | 2010-07-20 00:48 | ひとり言

ある土曜日の過ごし方

いや〜NYは暑い。

最後の投稿が1月の出来事だなんて、もう半年くらいご無沙汰しておりましたんですね。

NYは暑いよ〜。
昨日はイーストビレッジの4th Avenue と8〜14町目あたりでストリートフェアをやっておりましたため、ジムの帰りに立ち寄ってみました。
NYマンハッタンの中でも日本人率が高いイーストビレッジは日本食レストランが立ち並ぶエリア。昨日の模擬店でも日系レストランがたくさん出ておりました。(最近、日系レストランがこういう出店を出すことが多くなっている。)
もっといろいろ食べたかったけど、昼の1時の日差しは暑くて食欲が減退していたようだ。
お客さんレストランの方々にご挨拶をして帰る。

家について5分後に、仕事仲間スラッシュ友人Rちゃんから診察オーケーの電話が。
この方は、日本では鍼灸師のお免許をお持ちになっているためたまに治療をしたりしている。鉄板肩こりに悩むあたしに前からお声をかけて頂いていたのだ。
ついに決心。ちょっと怖いけど針バージンを捨てることに挑戦したのだ。
こうなると腹をくくってR先生を100%信頼する以外にない。我ながら腹をくくると結構びびらないほうなのだ。
針の先があたしの体中の毒素のたまったつぼに差し込まれ、マッサージでは届かない毒マグマの中心部のようなところに刺さってguriguriされる。これは昔、虫歯で歯医者さんにいったとき、歯茎の奥の痛いところをぐいぐいやられたときの感覚に似ている。
ビジュアルで想像すると、体の中に毒の固まり部分があってその膿みのマクに針がさされている感じ。いっぱい毒ありそうだな〜。注射器で吸い取ってほしいわ、この毒。

すっかり未踏地である各所の毒の中心を刺激してもらい、美顔針までしてもらってとろとろな感じで仕上がりました。
さすが体全体が軽くなった感じがする。東洋治療の奥義である。。
治療の後はアルコールを控えた方がいいとのことだが、どうしても飲まないといけない時には、「ザ、酔わないつぼ」というのがあるらしい。
これをさしてもらってからアルコールを飲むと、酔わないらしい。うむ。なぜだろう。

やみつきになりそうだ。針治療。。
by hiromi_iuchi | 2010-07-19 04:11 | 本日のお気に入り