<   2009年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

最近、シンクロすることが増えてきている。
2月頭頃に、NYに新規店として精進料理の店をオープン予定のシェフとのミーティングの話しが入ってきた。日本酒と精進料理のマッチング!を考えていると、その何週間後に、すぐ下の投稿の通り全く違う線から「日本酒と精進料理のディナー」企画が舞い込んできた。なんだか不思議な縁だなと思っていたわけだ。

さぁ、そのNY初の精進料理レストラン「嘉日」さんが、日本酒の選定もおわり、3月末にソフトオープニング。早速ご賞味に行ったところ・・・

きゃあ〜〜〜〜美味しい〜〜〜〜!
美味しいのです。
精進料理というと椎茸の含め煮とか、ごま豆腐、高野豆腐などなどどちらかといえば、「質素」っちゅー印象があったのだが、とてもゴージャス。
懐石なのだ。(Kaiseki-という言葉はもう随分NYではアメリカ人にも浸透している・・)

開店前に酒のプレゼンに行った時に日本から届いたばかりだった食器類の数々もとても素敵だったので、器にも注目。

日本酒6銘柄。ワイン6銘柄。無駄のないセレクション。
ソフトオープニングのため、2種類のコースのみ。$45と$65。迷わず$65を選ぶ。
酒はソフトでニュートラルな山梨の酒「笹一 純米」をまずは選択。
一皿めでノックアウト。カリフラワーのソースに惚れる。
 
f0013404_1215498.jpg

f0013404_1223551.jpg

f0013404_1231977.jpg




この後に手打ちそばが出てきたのだが、これが絶品。美味しかった。
付け汁はもちろんかつおでなく昆布!シェフは長野県でそば懐石店にて料理長の経験あり。さすが。
そばよりうどん派の私もこのそばなら毎日食べたい。

全コースの写真を撮るつもりだったが、例にもれず興奮しすぎてほとんど写せていない・・・

料理を堪能したあと、シェフと立ち話して褒めちぎる。
「ありがとうございます。精進の世界の人からはこんなの精進じゃないって言われるんです。」
とシェフ。
いやぁ〜精進の世界はなんもわからんが、たぶんそうなんだろう。だって美味しすぎるから。

31歳の若きシェフの気合いがこもった自然の恵みから造り出される料理。
一品一品が私の背筋を伸ばしてくれた。

満足。
いまNYで一番お薦めの店。
by hiromi_iuchi | 2009-04-28 01:47 | 営業日記
3月4日。
イーストビレッジのベジタリアンレストラン"Counter"にて、「精進料理と日本酒のペアリングディナー」という企画をやった。

日本から精進料理家が来られ、New Yorkerに精進料理を紹介したいということで持ち上がったこの企画。面白そうなので、日本酒とのペアリングを引き受けた。

メニューから:
*かぶの利休スープ Turnip Rikyu Soup
 ー 心 純米吟醸酒 (川島酒造・滋賀県)
*大豆とすき昆布サラダ、レモン味噌ドレッシング
 ー 笹一 純米酒 (笹一酒造・山梨県)
*蒸しかぼちゃと豆腐
 ー 八鹿 特別純米酒 (八鹿酒造・大分県)
*野菜ちらし寿司
 ー 日本酒マッチングなし
*豆乳ゼリー、イチゴソース
 ー 梅花音 純米梅酒 (あさ開き・岩手県)

精進料理という、魚肉のだしを一切使用せず、野菜などだけのだしで造り出す繊細な料理と、日本酒をあわせることは、いつものペアリングとはまた違う。より繊細なものになるだろうから。
ほとんどのディナーの場合がそうなってしまうのだが、料理のレシピから想像して日本酒の銘柄を決めざるを得ないことが多い。本来なら実際の料理と合わせて確実にやりたいものだが、なかなか諸事情がそれを許さない。
今回もぶっつけ本番だったのでどきどきだ。
今日は、今度NYで初めての精進料理の店を開けるというシェフも来られている。

バーテンダーが各日本酒を用意することになっていたのだが、いきなりしょっぱなから間違い!!
2コース目にあわせるはずの笹一 純米を各テーブルにサーブしてしまった。
ま、えっか・・・
って訳にはいかな〜い!
バーテンダーには悪いが、大急ぎで「今持って行った酒は間違いで〜す、飲まないでください」とアナウンスせざるを得ない。大急ぎで1番目にあわせる心・大吟醸をサーブする。
自分で味見してみたが、明らかに心 のほうがあっていた。あ〜よかった。
(違いが分かった人が何人いたかはわからないが・・・)

精進料理というものが何なのか?お寺でお坊さんたちが食べる料理、っていう短絡なイメージしか知らなかった私。でも最近今年に入ってから、近々オープンされる精進料理レストラン「過日」さんのシェフとの出会いに始まって、「精進料理」という単語を度々意識している中で、今回の企画の誘いがあり、う〜んなんかシンクロしてる。

「精進料理はこころで作るもの」、というシェフのスピーチ。
なるほど、なんだか体がデトックス、浄化されたような気がしていた。
精進料理とはどんなものかがわかったような気がして、もっと食べたいと思った。
体がデトックスを求めているのか、心が浄化を求めているのか・・・
(両方やろ)

いずれにしろ、おすすめでっせ。
by hiromi_iuchi | 2009-04-11 05:46 | 営業日記

くしゃみおやじ

昨日、営業先のミッドタウンに向かう地下鉄の中で、斜め前にすわったスパニッシュ系のブルーカラーのおっちゃん。どでか〜いくしゃみを1発・・2発目・・。はっくしょ〜ん!3発。このへんから車両のみんなの視線を集め始め、8回目くらいでは脳みそはみ出てくるんではないかと心配になってくる。。そしてそしてまさかの連続11回。
思わず数えていたのはあたしだけではないはず・・・・

どんだけうわさされてんねん、おっちゃん・・
最後のほうは思わず応援してしまったではないか・・・
「もう一声!!・・(心の中で)」
by hiromi_iuchi | 2009-04-11 04:43 | 気になるわぁ〜