人気ブログランキング |

NYで日本酒を営業する日々をつづる・・・・つもりがただの独り言日記に成り下がっているかも。


by hiromi_iuchi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:気になるわぁ〜( 30 )

5月下旬、日本から来ていた蔵元さんをホテルでピックアップした後、マンハッタンの42丁目と2nd Avenuの角を曲がろうとしていたとき、ポリスカーに止められた。なになになに???なにしたの、あたし?

結局30分くらい待たされて、違反チケットをもらいました。罪状はimproper turn (適切でない曲がり方)とレジストレーションカード(登録書)を持ってなかった、、、の2枚。

そして2、3週間たったとき、
いやーそろそろ現実と向き合わないとな。。。とチケットに目をやると、は?カーボン用紙使用にて書いてある内容が全く見えない!んなアホな。とっとと払ってすっきりしたかったのにさ。

しょうがないので、16年間NYに住みながら一度も訪れたことのなかった Traffic Violation Bearau?
に行かざるを得なかったのだ。窓口で事情を説明すると、「このばばあ、一回くらい笑ったことあんの?」的な性悪い口調で、「州局に手紙書いて送り返せ。ここではなんにもできないわっ!!!」と「あんさん自分の家族以外全員きらいやろ?」くらい的な失礼な言い方で突き放された。
せっかくこんな今まで来たこともないようなところまで出てきたのに。。。あ〜おなかすいた。
とほほ。と、事務所に帰り、せっせと州交通局なるところに手紙とチケットを郵送する準備。。悪い予感。こんなのだれか読んで対応するのかな?

そしてすっかりそんな出来事も忘れ去っていた先週、2つの封筒が届いた。あ、くさいよ。
なんかくさい。封筒をあけてみると、
「違反したのに何にも言ってこないため、貴方の免許書は7/27で免停になりますよ。いやなら罪をみとめるか、認めないかを書いて、認めるなら罰金料金を支払ってきなさい。あ、それからもし期限がきて免停になったらそれをとくのに$70かかるからさ」
って書かれてた。

ひえ〜。手紙おくったんはどうなったの?案の定だ。だからアメリカっていややね〜ん!
そこからまた1週間。気持ちを奮い起こして、前にマンハッタンの交通違反局へ行く。
すると今度の黒人のおばさんは少し優しかった。「それで、あーた罪をみとめんの?」
「イェーす」そしたらそれを裁判官の前でいいなさい。っては?
もう金払うっつんてんだからいいやーーーん。裁判官って何?

裁判室にて待つこと30分。いやいや、いろんなやからがおられましたよ。ほとんどが移民さんかな?子連れの黒人のおっちゃんとか、インド人のにーちゃん、後ろでべらべらしゃべっているアフリカなまりの黒人おっちゃんふたりー(ちなみにこの二人は3回くらい、静かにしなさい、とおこられてもしゃべるのやめんかったわ。すごい、裁判室中だよ)

とにかくあたしの名前もろくに発音できない、ひょろっとした初老の白人裁判官に「ギルティー!」と言ってそれで終わり。
「ちょっとこの紙見えないんだけど、、」とかいろいろ言いたかったがいっさい聞く耳もたずよ。

一言で裁判官と言っても、仕事のレベルがいろいろあるんすね〜。と関心しながら、キャッシャーにお金を払いにいく。
キャッシャーはアジア人のおっちゃん。一時わたしもはまっていた数独のやりかけぺーじを机の上にどーんとおいていた。
このおっちゃん、数独得意そうでないな〜。と思いつつ。

終わった。 帰る。
by hiromi_iuchi | 2010-07-22 04:12 | 気になるわぁ〜

運がいいのか悪いのか。

続き、、、

夕方、ぼし君の知り合いの人に相談すると、
「車をトーイングされたなら動かしたらだめじゃ〜ん。今すぐ、警察署に出頭しないと、盗難車扱いで大変なことになるよ〜。俺の場合は弁護士を使って解決したよ!」って。。

なに?盗難?弁護士?ジェイル?おとがめ?。。

取り急ぎ覚悟を決めて警察署(どこにあるのかもシランが)に向かうことにして、ビルの階段をおりながら、どこに止めてたって言おうかな、、まさか覚えてないとはいえんだろしな〜、、、と策を練っておった所に、おまわりさんと会う。ええーい、今聞いてしまえ。

と、貼られてた紙を見せてみると、
「あ〜これ?日曜日にパレードがあったから、邪魔な車はトーイングされたんだよ。おとがめなしよ。」やって。。。

こっりゃあーーーー!!!それやったらパレードいうて書いとけーーー!!!
紛らわしい書き方するなーーー!!

ほんまに腹立つ。

けどよかった。。

みなさん、酔っぱらい運転はやめときましょう。
次の日パレードがあって車が無くなった時に10倍くらいびびるからさ。

あーあ。つかれた。
by hiromi_iuchi | 2010-01-15 08:43 | 気になるわぁ〜

正月早々たいへんや

1月9日。取引先の新年会に出席。
会場はクイーンズの海鮮中華料理屋。あひるの舌?やなめこの煮込みなる不思議な高級料理にどうしてもはしがすすまない。。ビール・日本酒・白ワイン・梅酒、、、と調子にのって味見をする。
そのままマンハッタンでの友人の送別会パーテーに乗り込み、ビール1本だけ。
はやばやと帰ろうとした時、先出の新年会の二次会へのお呼びがかかる。相当できあがっている人々にまぎれ、我もだんだんとできあがってくる。。。
いっちょあがりないい感じで店を出た後、駐車禁止のチケットを確認。あ〜あ。
そして恥ずかしくもよっぱらったまま車で帰る。。(すみません)

翌朝、考えてみたら夕方5時から飲みっぱなしだったことを思い出しながら、頭にスポンジがつまっているような、いわゆる二日酔いで目覚める。今日も寒い〜。
ん〜昨夜は車をどこに止めたかな?どうしても思い出せない。まーえっか。

そして月曜日の朝。
あたりを付けていた場所に行ってみる。
ない。車が。
あたしってば〜、と思いながら近所をぐるぐる。車を置いた場面を思い出してみるが、それがいつの記憶であったかが定かでない。
ふと左目の先のほうに自分のと同じ車が止まっている。しかも道のど真ん中に。
「いやいや、いくら酔っぱらっていても、まさか道の真ん中にとめてないだろ!、え?」
完全否定で他の可能性のある場所を全部チェックしたが、みつからない。
まさかと思うけど、、え、あれ、わしの車じゃ。え〜〜〜〜〜。

そして窓ガラスにはまさかの張り紙。
「この車はNY警察により撤去された。」って。。
動かしてよいのかどうかもわからなかったが、とりあえず発車。ひえ〜。
郵便局に行くつもりだったが、相当パニクっていたのだろう、その辺をぐるぐる回って、買ったばかりのコーヒーも後部座席にぜんぶこぼれている。。「あ〜ん、まだ一口しか飲んでないのに〜」
「落ち着け」と言う言葉を10回つぶやき、とりあえず郵便局へ向かう。
その間、警察の車に3台であって心拍数あがる。

つづきはあとで。。。
by hiromi_iuchi | 2010-01-13 02:57 | 気になるわぁ〜

スパイダーマンの答え

あ〜あまた2009年終わってしまいそう。あと残すところ6時間です。
前項の答えは、
「人力車で客が2人乗っていた。その重さを利用して、宙に浮き、ガラスの上を歩いたのだ。」
てこの原理ですな。すばらしい。
さすがスパイダーマン。
ちなみにこの話を近所のレストランで働く友人にしたら、「あー、スパイダーマンやろ?あの人しょっちゅううろうろしてるよ。」だって。。
なんだ、ハロウィーンのコスプレじゃなかったんだ。

より奥が深いスパイダーマンでした。

ちなみにひとりの友人は、「ひろみちゃん、その人とつき合ったらいいのに。。」って、
なんでやねん??

ではもうすぐ年明けです。あけたらおめでとう!
by hiromi_iuchi | 2010-01-01 08:15 | 気になるわぁ〜
ひさびさでっす。って、前項のブログ3月の話やん。。
もう今年も終わりに近づいてきましたね。ブログネタがたまりましたよ〜ん。

ハロイーンが終わって1週間くらいたったある夜。
イーストビレッジのラーメンやさんで、友人夫妻と窓側の席で遅い食事を堪能していた時のこと。
このお店はストリートに面して全面ガラス張りになっているのだが、そのガラス壁の向こうに現れたのは人力車を引いて歩道を歩くスパイダーマン。目が合って思わずにこりとした瞬間、ガラス壁の上を4歩くらい歩いていった。。。。。

さあ、みなさん。なぜそんなことが可能なのでしょか?

ハロイーンの名残がずーっと残るなんでもありNYでした。コスプレも1回だけじゃもったいないもんね。
by hiromi_iuchi | 2009-12-12 03:19 | 気になるわぁ〜

いわくつきの猫彫刻。

金曜日の昼下がりの事務所。さっきからぼし君が捜し物ついでに掃除を始めていた。
「これ、もう捨てますよ?」
って、鉄製 猫の彫刻(手のひらサイズ)3つ。
「え〜っ!すてんの、それ?」とあたし。
「それ一個5000ドルするんでしょ?」

そう、この彫刻たちにはまか不思議ないきさつ話しがあったのだった。

かれこれ7,8年前であろうか。。仕事関係の日本からの出張者を案内することになったぼし君。同伴の愛人の友達と一緒にきていたどっかの社長にとても気に入られたぼし君であったのだが、その男からあずかった代物。
その男はセントラルパーク近くの高級ホテルに泊まっていたのだが、ひとりでふらふらとホテル隣接のアート・ギャラリーっぽい土産物屋っぽいあやしげな店を覗いていたとのこと。店員に中に呼び入れられ、一言二言話しをしているうちに、酒をすすめられ、調子にのってご馳走になった。そして、その直後からだんだん意識が朦朧としてきて、朦朧としている中で、次々と商品を薦められてこの猫の彫刻を4つほど買わされ、ちゃっかりカードで総額2万ドルほどきられてしまったのだ。。。

そんな嘘みたいな話しがある、とは聴いていたが、ほんとにあった。。。恐るべしNY。

ぼしくんは、その男から「持って帰りたくないから預かっておいてくれ」、と言われ、それ以来ずーっとうちの事務所においてあった猫さんたち。
「こんなんあったらなんか不吉やから捨てますよー。」とぼし君。
う〜んEbayで売ってみたい〜という欲をかなぐり捨ててゴミ箱行きにしぶしぶ同意する。。。

「じゃぁ捨てますよ!」
「うぅ〜ん、りょうかい〜!」
ぽいっっ!!!!捨てたった!!!

と、そこにmy友人からの電話。
たった今起こった話しを一通りしたところ、やっぱ E Bayに挑戦することになった。。

ゴミ箱からまた生き残った猫さんたち。
さて、行き場は見つかるのであろうか?

こんな信じられない話し、あなたの周りで起こったことある?
信じられない話しがよく起こるぼし君。
うちのぼし君に何かあるのかもしれない。捨ててみようかな?1回。。。。
by hiromi_iuchi | 2009-05-23 03:30 | 気になるわぁ〜

くしゃみおやじ

昨日、営業先のミッドタウンに向かう地下鉄の中で、斜め前にすわったスパニッシュ系のブルーカラーのおっちゃん。どでか〜いくしゃみを1発・・2発目・・。はっくしょ〜ん!3発。このへんから車両のみんなの視線を集め始め、8回目くらいでは脳みそはみ出てくるんではないかと心配になってくる。。そしてそしてまさかの連続11回。
思わず数えていたのはあたしだけではないはず・・・・

どんだけうわさされてんねん、おっちゃん・・
最後のほうは思わず応援してしまったではないか・・・
「もう一声!!・・(心の中で)」
by hiromi_iuchi | 2009-04-11 04:43 | 気になるわぁ〜

キューバ日記その4

もうそろそろキューバ料理に飽きてきた。ハンバーガーとかみそ汁とかパスタとかが食べたい。キューバに来てからというもの美味しいと思ったことがないものばかりを食べている。これぞ!と思って入ったレストランはどれもいまいちで、塩をふりまくり。この時点では二人ともテーブルにつくやいなや、塩を確保。隣のテーブルの塩ももってきて、MY塩を握りしめながら食べるのだ。

誕生日の夜はまたまた気合いをいれて、「International料理」とされているお城のようなレストランに入った。パスタの文字をメニューに探すがない。結局フレンチまがいのまっずい食事に、また塩をふりかけた。

キューバ料理が世界で一番美味しいのはNYである。との説をせーこの客が言っていたそうだが、そのとおりではないだろうか?やっぱ競争心とかが乏しいからであろうか?

今回の滞在中であたりがひとつだけあった。
ヘミングウェイがハバナ滞在中に通っていたという食堂。
結局この店に2回行った。
f0013404_637738.jpg
また、ヘミングウェイが通っていたバー「Florida」というダイキリが有名な店。
ここのダイキリは美味しく、年季の入ったバーテンが作るフローズンダイキリは計ってもいないのに狙った杯数のマティーニグラスにきっかり納まるのだ。これはプロの技。
カウンターに座ってみとれていたが、現地のラム・「ハバナ・クラブ」の消費量は半端ではない。

f0013404_637434.jpg
レストランでもバーでも必ずといっていいほどバンド演奏が入る。これを生業にしている人も多いのだろう。みんなかなりいい線いっている。

さすがヘミングウェイ。彼の通っていたという店はまだはずれていない。
実は我々の宿泊しているホテル「Ambos Mundos」も彼のハバナの常宿であったらしい。2階?のヘミングウェイ御用達の部屋は、今は資料館になっていて見学することができる。行かへんかったけど。あたし達の部屋は、たまたまいい部屋へ通してくれたのだろうが、バルコニーつき、時計なし。居心地はとてもあたりであった。
f0013404_6423764.jpg


ハバナの旧市街地とよばれるエリアは世界遺産に指定されているらしく、ぼろいデジカメしかもってこなかった私は地団駄を踏んだ。しかも充電器忘れてきたし。。
もしこの次来る機会があれば是非是非真剣カメラを持参することを心に誓う。
世界遺産の中を歩き回るのって変な感じ。至る所が絵になっている。

まだまだ書き足りないが、初めて訪れた共産主義国。興味はつきない。
チェ・ゲバラの映画が近日公開されたらしいが、キューバでも彼の人気はすごいみたいだった。至るところにチェの似顔絵が見られる。カストロのはあまりない。
やはり早死にのほうが後々英雄視されるものなのだろう。チェはキューバ革命を成功させた後、お次の国の共産化を目指して旅立ち、そこで戦死したとのこと。
革命を成功させた英雄よりも革命後のキューバ政府を建設したカストロのほうがもっと英雄視されるべきだと思うのだが。。
明治維新も龍馬がその後も生きて明治政府をしきっていたならもっと違う日本になっていたのであろうか?
と、2日前からまた司馬遼太郎の「とぶが如く」を読み出した私は思うのであった。

もういっかい行ってもいいな、キューバ。
by hiromi_iuchi | 2009-01-30 07:03 | 気になるわぁ〜

キューバ訪問記その1

明日日本に発つにもかかわらず何も用意をしていない。にもかかわらず、事務所でブログを書こうとしている私。
今回はパスポートの有り場所を確認済みなので余裕。

さて、とうとうキューバのことを書きます。11/22に日本から帰国したばかりの私はお馴染み時差ぼけをひきずりながらの念願のキューバ。

11/27・朝5時に家を出て、メキシコはカンクン経由にてハバナへ。びくびくしながらキューバの入国審査場。薄暗い部屋にオレンジの蛍光灯。こわい・・無事に通ったみたい。
11/28・念願のキューバの旧市街地(世界遺産に指定されているらしい)をぶらぶらしようぜ、ってことでほんとぶらぶら。まずはフリーマーケットに行く。露店がいっぱいでているのだが同じようなものばかりを売っているみやげやの列にすぎなかった。さっさと通り過ぎて路上に腰掛けて煙草を吸っていると、ローカルのキューバ人の兄ちゃんが煙草をたかってきた。心の広い私は1本おすそわけ。すると向かいにたむろっていたローカルのねーちゃん達がやってきて煙草をくれという。。こんなのきりがないやん、っと心の広いというか気の弱い私は煙草を取られて違う場所を求めて移動。
それにしてもキューバはすべてが色あせていて素晴らしい。新品、キラキラ、資本主義に慣れている私は、このゴミが出ないであろう感じの色あせた古いものでまかなわれている様子にすっかり喜んでしまった。
時差ぼけという病気を抱えながら、歩き疲れてホテルで夕寝。
必死に起きて、昼間に予約をしておいた音楽コンサートなるものに向かう。今夜はあのブエノビスタ・ソーシャルクラブのうちの一人が出演するとのことで、せーことあたしはうきうき。冬ということで朝夕は冷え込むキューバの街を闊歩して会場へ向かった。
(コートを着ているのは我々だけだが気にしない・・)
コンサートはなんだかもう始まっている。気のせいか一番盛り上がっているところな感じ。なぜ?ようやく盛り上がりについてきたか、と思ったところでフィナーレ。
しょうがないので不完全燃焼のまま、またコート着て帰ったのだ。首をかしげながら。
いやぁ、どのおじさんがブエノビスタ・ソーシャルクラブの人だったのだろう?
とりあえずキューバの一日目、無事に終わる。
by hiromi_iuchi | 2008-12-30 10:10 | 気になるわぁ〜

イカリヤに変身

またまたご無沙汰投稿。一ヶ月ぶりとなってしまいました。

昨夜ベッドに入って就寝しようとすると、耳元で例の音がする。
”ブイ〜ん”やって・・・
もういややぁ、10月なのにまだあやつらがいる。
蚊・か・か・
手足をすべてふとんに隠したが、顔だけは無理。頭からふとんをかぶっては眠れない体質なのだ。顔から上はしょうがない、と腹をくくり、就寝。zzzzz

朝方、ふっと目を覚ますとなんか変な予感。最悪。
ひえ〜っ、なんと口びるかまれてるっ!
下唇の左端・・・
冗談でなく、いかりや長介のものまね顔になっている。
ものまね顔をやめようとしても自動的になってしまう。

せめて上唇にしてほしかった・・・
by hiromi_iuchi | 2008-10-10 23:33 | 気になるわぁ〜