NYで日本酒を営業する日々をつづる・・・・つもりがただの独り言日記に成り下がっているかも。


by hiromi_iuchi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ひえ〜 

ひえ〜。ひえ〜。最後の更新から1年以上経ってしまっている。。。
あれから変わったことといえば、
あたしは5キロ 太りました。gain back
すっごい簡単やった。。。

仕事の相棒 ぼしくんも酒バーで働き始めてもう1年半になろうとしています。
毎日朝、オフィスで前の日のできごとを、「なー、昨日どうやった?」ときくんだけど、、
(毎日小さいけどおもろい話や事件がわんさかあるから。。)

そして、その話を「きらくや日記」とよんで密かにメモっている。

その中から一説。

9/10
いきなりエチオピア人の客がきて、ひとりカウンターに座り、メニューを眺める。
小さい声でぶつぶつしゃべっていた。目が合ったので 何か酒飲みますか? というところからはじまり、日本について話しだす。「日本について詳しいですね」というと(ここまで英語)
「僕の心は半分 日本人ですから」といきなり日本語でしゃべり出した。
「名前はなんというんですか?」ときくと、
「板尾です。」
「!!!!」
なんと、板尾創路にそっくりさん。思わず爆笑、笑いとまらず。
周りのスタッフはみんな若いので、板尾のことをしらないようだった。
それをスタッフに説明しているときに、
エチオピア人の板尾は「ダウンタウンの。。。」と何度もつぶやいている。

なにやら、日本人の友達につけられたあだ名らしい。。。 
愛友しぼりたて原酒をとても気に入り、「これは女の子に飲ませたいー」と今度日本人の女の子をつれてくると約束して帰っていった。

早くまた来てほしい、板尾さん。


あ〜見たい。板尾。エチオピア人の。。。。
きらくやにあらわれた時はぼしくんに電話で呼び出してもらおう。っと。
[PR]
# by hiromi_iuchi | 2011-09-29 08:00 | ひとり言

魔法のフレーズ

本日のNYCは秋晴れのような気持ちのいいお天気。

ぶらぶらとご近所の肉屋になんか買いにいこうと思い立つ。

最近は、というかもうずっと前から、スーパーマーケットにおされて少なくなった専門店。

こんなお肉やさんは貴重なそんざいだ。

ここではミンチ肉を頼むとその場で肉をひいてくれる。しかも激安なのだ。

60歳前くらいの兄弟ふたりで営んでいる。お兄さんのほうがお客の相手をして、弟さんのほうはもっぱら配達のようだ。

近所の常連がほとんどで、いつも2、3人のお客がみな顔見知り。おそらくチビの頃から近所の友達なのだろう。みな世間話をして帰る。
しかもこの兄弟が客と繰り広げる世間話が超インテリな内容で、いつももっと聞きたい と思ってしまう。

今日は閉店間際ということもあって、あたしが最後の客のようであった。

お肉を買って渡してもらうときに、

「Did I tell you you are beautiful. 」
 「Now you go home and cook. 」

とおっちゃんに笑顔でささやかれた。

気持ちのよい夕方前の褒め言葉には人を幸せにするわ。。。

「You are beautiful..」って魔法かな?

落ち込んでいたのに、トロンと良い気分になった。。。

今宵は肉じゃがでも作ろう。 
[PR]
# by hiromi_iuchi | 2010-08-15 07:59 | 本日のお気に入り

最近のお気に入り日本酒

最近 はまっている日本酒。
山形県 鯉川酒造の 純米吟醸うすにごり 「鯉川にごり」。

トリビ(とりあえずビールということらしい)の後の日本酒の1杯目、アペリティフな感じで飲むのがとても気に入っていたのだ。するりと入って程よく軽い重み(ややこしい!けどわかる?)がよろし。
甘エビの醤油つけないのとあわせると抜群の相性。(醤油をつけるとサケが負けてしまう)
さらに、ぼし先生のおすすめで ぬる燗にしてみた。
今これにはまっています。

うすにごりのぬる燗、お試しあれ。

あれっ?宣伝か?  宣伝です。

ちなみにマンハッタンでは新橋さん、きらくや さん、酒蔵さん で、ブルックリンではBOZUで飲めるぜ。
[PR]
# by hiromi_iuchi | 2010-08-10 10:02 | 本日のお気に入り
5月下旬、日本から来ていた蔵元さんをホテルでピックアップした後、マンハッタンの42丁目と2nd Avenuの角を曲がろうとしていたとき、ポリスカーに止められた。なになになに???なにしたの、あたし?

結局30分くらい待たされて、違反チケットをもらいました。罪状はimproper turn (適切でない曲がり方)とレジストレーションカード(登録書)を持ってなかった、、、の2枚。

そして2、3週間たったとき、
いやーそろそろ現実と向き合わないとな。。。とチケットに目をやると、は?カーボン用紙使用にて書いてある内容が全く見えない!んなアホな。とっとと払ってすっきりしたかったのにさ。

しょうがないので、16年間NYに住みながら一度も訪れたことのなかった Traffic Violation Bearau?
に行かざるを得なかったのだ。窓口で事情を説明すると、「このばばあ、一回くらい笑ったことあんの?」的な性悪い口調で、「州局に手紙書いて送り返せ。ここではなんにもできないわっ!!!」と「あんさん自分の家族以外全員きらいやろ?」くらい的な失礼な言い方で突き放された。
せっかくこんな今まで来たこともないようなところまで出てきたのに。。。あ〜おなかすいた。
とほほ。と、事務所に帰り、せっせと州交通局なるところに手紙とチケットを郵送する準備。。悪い予感。こんなのだれか読んで対応するのかな?

そしてすっかりそんな出来事も忘れ去っていた先週、2つの封筒が届いた。あ、くさいよ。
なんかくさい。封筒をあけてみると、
「違反したのに何にも言ってこないため、貴方の免許書は7/27で免停になりますよ。いやなら罪をみとめるか、認めないかを書いて、認めるなら罰金料金を支払ってきなさい。あ、それからもし期限がきて免停になったらそれをとくのに$70かかるからさ」
って書かれてた。

ひえ〜。手紙おくったんはどうなったの?案の定だ。だからアメリカっていややね〜ん!
そこからまた1週間。気持ちを奮い起こして、前にマンハッタンの交通違反局へ行く。
すると今度の黒人のおばさんは少し優しかった。「それで、あーた罪をみとめんの?」
「イェーす」そしたらそれを裁判官の前でいいなさい。っては?
もう金払うっつんてんだからいいやーーーん。裁判官って何?

裁判室にて待つこと30分。いやいや、いろんなやからがおられましたよ。ほとんどが移民さんかな?子連れの黒人のおっちゃんとか、インド人のにーちゃん、後ろでべらべらしゃべっているアフリカなまりの黒人おっちゃんふたりー(ちなみにこの二人は3回くらい、静かにしなさい、とおこられてもしゃべるのやめんかったわ。すごい、裁判室中だよ)

とにかくあたしの名前もろくに発音できない、ひょろっとした初老の白人裁判官に「ギルティー!」と言ってそれで終わり。
「ちょっとこの紙見えないんだけど、、」とかいろいろ言いたかったがいっさい聞く耳もたずよ。

一言で裁判官と言っても、仕事のレベルがいろいろあるんすね〜。と関心しながら、キャッシャーにお金を払いにいく。
キャッシャーはアジア人のおっちゃん。一時わたしもはまっていた数独のやりかけぺーじを机の上にどーんとおいていた。
このおっちゃん、数独得意そうでないな〜。と思いつつ。

終わった。 帰る。
[PR]
# by hiromi_iuchi | 2010-07-22 04:12 | 気になるわぁ〜

寝苦しい夜

昨夜も寝苦しい夜でしたな。
アメリカの市販されている家庭用クーラーはどれもこれもたいしたことない。
あまり冷えないのに音だけ大きい。いつも思うなんだが、アメリカという国はある意味不思議な国である。世界の資本主義の先頭を行く、世界資本主義協会というやくざ組の組長であるくせに、いろんなものが発達していないのだ。例えば、ケチャップ。
ケチャップ好きであふれるアメリカでは、すべてのレストランにてこの有名な銘柄のケチャップを扱っている。そして高級レストランをのぞいては、テーブルの上に必ずといっておいてあるのだが、これが使いにくいのなんのって、、、ふたを開けて逆さにしてもでてこない。底をばしばしたたいて振動にて出すか、、、。学習している人はナイフを瓶に突っ込んで空気を少し入れることによってどろんとだす。こうゆう不便さが解決されないままでもシェアも下がらないのだ。日本の企業であればすぐに便利性を追求して改善するところだろう。
なんだかある意味"ノスタルジック”な商品が多いのだ。

ということで、クーラー。
ほとんど効かないし、音がとてつもなくうるさい。
わざと改良しないのか?2〜3年でこうなって買い替えるようにしむけるという企業側の魂胆か?
美容院を経営する友人は、日本製のものを高いお金を出して購入したらしい。
あ〜あ、お父さんに日本から担いできてもらいたいわ。。。
[PR]
# by hiromi_iuchi | 2010-07-20 00:48 | ひとり言

ある土曜日の過ごし方

いや〜NYは暑い。

最後の投稿が1月の出来事だなんて、もう半年くらいご無沙汰しておりましたんですね。

NYは暑いよ〜。
昨日はイーストビレッジの4th Avenue と8〜14町目あたりでストリートフェアをやっておりましたため、ジムの帰りに立ち寄ってみました。
NYマンハッタンの中でも日本人率が高いイーストビレッジは日本食レストランが立ち並ぶエリア。昨日の模擬店でも日系レストランがたくさん出ておりました。(最近、日系レストランがこういう出店を出すことが多くなっている。)
もっといろいろ食べたかったけど、昼の1時の日差しは暑くて食欲が減退していたようだ。
お客さんレストランの方々にご挨拶をして帰る。

家について5分後に、仕事仲間スラッシュ友人Rちゃんから診察オーケーの電話が。
この方は、日本では鍼灸師のお免許をお持ちになっているためたまに治療をしたりしている。鉄板肩こりに悩むあたしに前からお声をかけて頂いていたのだ。
ついに決心。ちょっと怖いけど針バージンを捨てることに挑戦したのだ。
こうなると腹をくくってR先生を100%信頼する以外にない。我ながら腹をくくると結構びびらないほうなのだ。
針の先があたしの体中の毒素のたまったつぼに差し込まれ、マッサージでは届かない毒マグマの中心部のようなところに刺さってguriguriされる。これは昔、虫歯で歯医者さんにいったとき、歯茎の奥の痛いところをぐいぐいやられたときの感覚に似ている。
ビジュアルで想像すると、体の中に毒の固まり部分があってその膿みのマクに針がさされている感じ。いっぱい毒ありそうだな〜。注射器で吸い取ってほしいわ、この毒。

すっかり未踏地である各所の毒の中心を刺激してもらい、美顔針までしてもらってとろとろな感じで仕上がりました。
さすが体全体が軽くなった感じがする。東洋治療の奥義である。。
治療の後はアルコールを控えた方がいいとのことだが、どうしても飲まないといけない時には、「ザ、酔わないつぼ」というのがあるらしい。
これをさしてもらってからアルコールを飲むと、酔わないらしい。うむ。なぜだろう。

やみつきになりそうだ。針治療。。
[PR]
# by hiromi_iuchi | 2010-07-19 04:11 | 本日のお気に入り
来週の月曜日のマーチンルーサキング牧師の誕生日に、NJの Komegashi Tooさんにて、日本酒dinnerを開催します。
5コースに6銘柄の酒をあわせたお得で美味しいイベントでっす。結構自信作なマッチングよ。
特に、山形県鯉川酒造のうすにごり酒とただ今旬の甘エビの相性なんて抜群。
11月からあたためてきたイベントです。
ご興味のある方は Komegashi Tooさんを検索してみてちょ、情報のってるはず。(なんて不親切。ごめん)

んで予約して。
[PR]
# by hiromi_iuchi | 2010-01-15 08:54 | 営業日記

運がいいのか悪いのか。

続き、、、

夕方、ぼし君の知り合いの人に相談すると、
「車をトーイングされたなら動かしたらだめじゃ〜ん。今すぐ、警察署に出頭しないと、盗難車扱いで大変なことになるよ〜。俺の場合は弁護士を使って解決したよ!」って。。

なに?盗難?弁護士?ジェイル?おとがめ?。。

取り急ぎ覚悟を決めて警察署(どこにあるのかもシランが)に向かうことにして、ビルの階段をおりながら、どこに止めてたって言おうかな、、まさか覚えてないとはいえんだろしな〜、、、と策を練っておった所に、おまわりさんと会う。ええーい、今聞いてしまえ。

と、貼られてた紙を見せてみると、
「あ〜これ?日曜日にパレードがあったから、邪魔な車はトーイングされたんだよ。おとがめなしよ。」やって。。。

こっりゃあーーーー!!!それやったらパレードいうて書いとけーーー!!!
紛らわしい書き方するなーーー!!

ほんまに腹立つ。

けどよかった。。

みなさん、酔っぱらい運転はやめときましょう。
次の日パレードがあって車が無くなった時に10倍くらいびびるからさ。

あーあ。つかれた。
[PR]
# by hiromi_iuchi | 2010-01-15 08:43 | 気になるわぁ〜

正月早々たいへんや

1月9日。取引先の新年会に出席。
会場はクイーンズの海鮮中華料理屋。あひるの舌?やなめこの煮込みなる不思議な高級料理にどうしてもはしがすすまない。。ビール・日本酒・白ワイン・梅酒、、、と調子にのって味見をする。
そのままマンハッタンでの友人の送別会パーテーに乗り込み、ビール1本だけ。
はやばやと帰ろうとした時、先出の新年会の二次会へのお呼びがかかる。相当できあがっている人々にまぎれ、我もだんだんとできあがってくる。。。
いっちょあがりないい感じで店を出た後、駐車禁止のチケットを確認。あ〜あ。
そして恥ずかしくもよっぱらったまま車で帰る。。(すみません)

翌朝、考えてみたら夕方5時から飲みっぱなしだったことを思い出しながら、頭にスポンジがつまっているような、いわゆる二日酔いで目覚める。今日も寒い〜。
ん〜昨夜は車をどこに止めたかな?どうしても思い出せない。まーえっか。

そして月曜日の朝。
あたりを付けていた場所に行ってみる。
ない。車が。
あたしってば〜、と思いながら近所をぐるぐる。車を置いた場面を思い出してみるが、それがいつの記憶であったかが定かでない。
ふと左目の先のほうに自分のと同じ車が止まっている。しかも道のど真ん中に。
「いやいや、いくら酔っぱらっていても、まさか道の真ん中にとめてないだろ!、え?」
完全否定で他の可能性のある場所を全部チェックしたが、みつからない。
まさかと思うけど、、え、あれ、わしの車じゃ。え〜〜〜〜〜。

そして窓ガラスにはまさかの張り紙。
「この車はNY警察により撤去された。」って。。
動かしてよいのかどうかもわからなかったが、とりあえず発車。ひえ〜。
郵便局に行くつもりだったが、相当パニクっていたのだろう、その辺をぐるぐる回って、買ったばかりのコーヒーも後部座席にぜんぶこぼれている。。「あ〜ん、まだ一口しか飲んでないのに〜」
「落ち着け」と言う言葉を10回つぶやき、とりあえず郵便局へ向かう。
その間、警察の車に3台であって心拍数あがる。

つづきはあとで。。。
[PR]
# by hiromi_iuchi | 2010-01-13 02:57 | 気になるわぁ〜

元旦とは

2010年になってからはや8日経ちました。
年が明けてからというもの、おめでとう!を100回くらい言いましたが、そんなにめでたくないんだけど一応、、と思いつつ。(こうゆうところ治らないかしら・・)
近年、正月を日本で過ごすことが多かった私は、NYでの正月の迎え方を忘れてしまっていました。

11月末のサンクスギビングから始まり、12月のクリスマスまで、ずずず〜っとホリデイ雰囲気が街中、国中を覆いかぶせ、「家族大切、隣人を愛せ」みたいなのりでぐいぐい迫って来て、「楽しいはず!」っていう圧迫感で無理矢理自分を盛り上げるような気分になるのだ。まーえーねんけど。
年をとるにつれそれもだんだん薄れて来ている気はするが、その名残はまだ残っている感じ。(考え過ぎ・・)

今年、元旦。
年末に購入した加湿器のとなりでひとり目覚めた後、いつもより超物音の少ない静けさの朝のキッチンで、いつもと変わらずコーヒーを入れて、たばこ3ぷく。
う〜ん。元旦なんだけど。元旦やからそれらしいことをなんかしないとというプレッシャー。
元旦と言えば、そうだ!「お雑煮」!。でも餅がない。

元旦を実感しないといけないという脅迫感のもと、餅を常備してそうなたかしお家にレスキュー電話。「餅はあるよ〜。」というふわりとしたお答えのもと、安心して出かける用意をするのだった。
正月気分をより盛り上げるために、日本では絶対着ない正月の着物などをちょっとやってみる。

たびをはいて、化粧して、羽織がないので半纏を、雪が積もっているので草履でなく雪ブーツにて(すごい格好)、いそいそとたかしお家に向かったのだった。大吟醸の一升瓶を仕込むことも忘れずに。

わざわざ関西人のあたし用にと白みそのお雑煮を作ってくれたドレットのたかしお旦那。ありがとう。
オッケー、セーフだ、あたしの今年の元旦。

みなさんありがとう。今年もよろしく。
[PR]
# by hiromi_iuchi | 2010-01-09 08:08 | ひとり言